今さら聞けないGoogleマイビジネスの基礎、概要からメリット・デメリットなど解説します

Web集客

お店の集客方法としてはティッシュ配りや新聞の折込チラシから、広告媒体への掲載など多岐にわたりますが、どれも経費がかかります。

オープンしたてのお店やこれから軌道に乗せようとしているオーナー様は、お金を多くかけずに自社内で店舗集客を完結させたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

そういう場合にまずスタートさせたいのがGoogleマイビジネスです。

この記事では、Googleマイビジネスの仕組みやメリット、デメリットなどをこの記事で説明していきます。

Googleマイビジネスとは

簡単にいうと、Googleに自分のお店を登録することで、Google検索やGoogleマップを利用している人に見つかりやすくなります。Googleマップだと地図上に自分のお店が表示されるわけですが、例えばデリバリー専門店や、訪問型のサービスなど店舗がないお店も登録することができます。

公式サイト上での説明は以下の通りです。

Googleマイビジネスは、Google 検索や Google マップなど、さまざまな Google サービス上にビジネスや組織などの情報を表示し、管理するための使いやすい無料ツールです。

Googleが店舗や企業向けに提供している検索サービスってことですね。

Googleマイビジネスに登録すると?

Googleマイビジネスに登録していると、Google検索で次のように表示されます。

例えば小岩駅周辺でスタバを探すときのGoogle検索の結果です。

Googleマイビジネスにお店の情報を登録していると右側のように営業時間などが表示されます。登録していないと表示されません。

ちなみに、「小岩 スタバ」で検索した結果が先の画像ですが、「小岩 カフェ」というふうに検索した場合はお店が特定できませんので、次のように表示されます。

検索した文字が、店舗を直接説明するような単語だとピンポイントでお店の表示を出すことに対し、業態や食事の種類など店舗を特定できない単語で検索した場合は、業態に当てはまる店舗を一覧で出してくれるというわけです。

Googleマップでの検索結果は

これはGoogle検索の例でしたが、Googleマップでも同じです。

「小岩 スタバ」の検索結果は以下の通り、左側に直接店舗情報が表示されます。

直接店舗を特定できる検索結果が先程の「小岩 スタバ」で検索した画像の通りですが、「小岩 カフェ」で検索すると次のように、左側に近隣のお店が表示されるようになります。

ここで知っておきたいのは、検索する文字によって検索結果が違うってことです。

Googleマイビジネスのデメリット

Googleマイビジネスのメリットは言わずもがな、店舗の広告として利用できるということです。

店舗情報を更新するだけでユーザーの検索内容に合わせてGoogleが自分の店舗情報を紹介してくれるわけですから、正しい情報を載せればその内容がそのままユーザーに届きますので、広告以外の何物でもないですよね。

逆にデメリットを考えるとすると、Googleマイビジネスではユーザーの口コミが表示されます。その口コミは自分では操作することができず、お店にとってイメージの悪い内容も表示されることになります。

もちろん、返信という形でコメントを残すことはできますが、完全に消すことができないので、悪評を大量に書かれたらGoogle検索の結果で初めて自分のお店を知ったユーザーのイメージは悪くなりますよね。

とはいえ、まっとうに経営しているのであれば口コミがおかしくなることはないので、どんな内容が書かれるのか最初はドキドキはしますが、そのうち慣れてくるかと思います。

たまに同業他社が悪意を持って書き込むケースが見られますが、口コミの表示は1件だけでなく全て表示されます。多くの口コミが高評価なのに、1つだけ極端に悪い口コミだとユーザーも馬鹿ではありませんのでそのまま受け取ることはないでしょう。

近所の同業他社との勝負

Googleマイビジネスは無料で利用できます。ですので、この仕組を知っている人はいち早く取り入れています。

まずは正確な店舗情報を入力することによってお客様にスムーズに来店を促すことができます。自分のホームページを持っていたとしても上位表示されるかどうかはGoogleの検索結果次第になってしまいます。

GoogleマイビジネスもGoogleの検索結果次第という面では同じなんですが、Googleマイビジネス上で近所の同業他社と戦うことになりますので、自身のホームページがまだ立ち上げたばかりで検索結果に出てこないような状況でも、Googleマイビジネスでは上位表示されるということも多々あります。

先程、検索キーワードによって表示結果が2種類あると説明しました。

直接店舗を指定するようなキーワードの場合は、Googleマイビジネスに登録すれば比較的早く、正しい情報が掲載されますが、検索内容が料理名や業態の場合、上位表示されるためのポイントがあります。それは、

・情報の正確さ
・ユーザーの口コミ
・検索地点からの距離

と言われています。

大抵の店舗は登録している

もうすでにGoogleマイビジネスは世間に浸透していますので、多くの店舗は登録しています。

ですので、Googleマイビジネスを利用していないだけで検索結果的にはだいぶハンデがある状態ですので、まずはすぐに店舗情報を登録しましょう。

登録時に大事なことは、企業名・住所・電話番号をGoogleマイビジネスの情報を関連するサイトやSNSでの表記と一致させることです。

80点を目指そう

Googleマイビジネスに登録していないと0点なわけですが、登録しても定期的に登録内容を更新しないと情報の鮮度は落ちていくわけで、登録ができた段階で60点とみなすことができます。

多くの店舗でGoogleマイビジネスを利用していると説明しましたが、たいていは更新がされていないことが多いです。ですので、登録情報の更新頻度を高めて情報の鮮度を保つことで80点を目指すようにしましょう。100点を目指さない理由はどれだけ対策をとっても結果を判断するのはGoogleですし、口コミの重要度も高く、自分ではどうしようもない部分がありますので、コツコツ、そこそこに、対策を取っていきましょう。

Googleマイビジネスの登録方法や、ここでいう80点を目指す方法など、今後も発信していきますので、またこのサイトに遊びに来ていただければと思います。

管理人:MD(エムディ)管理人:MD(エムディ)

管理人:MD(エムディ)

企業IT担当者、Web制作者。IT分野は全般的に「そつなくこなす」ゼネラリスト。要するにITの何でも屋さん。色々な困りごとに対して適切なツールやサービスのご提案など、ITシステムと利用者の仲介が得意。机上の空論よりガリガリ手を動かす派です。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


管理人:MD(エムディ)管理人:MD(エムディ)

管理人:MD(エムディ)

Web制作者、企業IT担当者。IT分野は全般的に「そつなくこなす」ゼネラリスト。要するにITの何でも屋さん。色々な困りごとに対して適切なツールやサービスのご提案など、ITシステムと利用者の仲介が得意。机上の空論よりガリガリ手を動かす派です。

お問合せはコチラ

おすすめの記事

  1. 副業するなら地元を攻めろ!~副業ローカル戦略のすゝめ~

  2. おすすめしない副業。おすすめしない理由と自分に合う副業の選び方は?

  3. ホームページ制作を独学で作る一番簡単な方法はこれ!必要なものを紹介します。

最近の記事

  1. 禁酒おすすめ本は「禁酒セラピー」一択です。

  2. 禁酒効果1週間~思いの外、いい感じ~

  3. 私はこうしてお酒をやめた~帰りの電車内で飲んでしまうほどのアル中がどうやって禁酒できたのか~

  4. 情シスが副業を始める上で3つのポイント。デメリットもちゃんと考えよう。

  5. FTP接続が遅い。WebサーバのデータをFTP経由ではなくネットワークフォルダとして利用する方法

アクセスランキング

  1. 1

    NumLockを固定する方法(Windows10)そもそもNumLockってなに??

  2. 2

    Wordでコメントや吹き出しのフォントを小さくしたり変更する方法

  3. 3

    指定されたログオンセッションは存在しません。そのセッションは既に終了している可能性があります。と表示される。

  4. 4

    Windows10の標準でインストールされているフォトアプリが起動しなくなった時の対応方法

  5. 5

    Outlookで文字サイズが小さく(大きく)なった場合に変更する方法

TOP